toggle

採寸料とご相談料

採寸場所

【採寸について】

採寸はご希望の方のみにしておりますので、必ずしなくてはいけないという事ではありません。
今お召しになっているお着物の着心地が良ければそのお着物をお持ちになって頂いても構いませんし、寸法表をお持ちであればご持参ください。

・これから着物を仕立てていくにあたってご自分の寸法を知りたい。
・着物を仕立てるのは初めてではないけれど、寸法を見直したい。

など、採寸される理由は皆さまそれぞれです。

採寸は有料となりますが、お仕立て1枚毎にかかるわけではなく採寸の料金を頂くのは1回のみです。
その後のご相談はご遠慮なくなさってください。
本来、和裁士はお客様と直接会ってお話ししなければ成り立たない職業だと私は思っています。


採寸は非常に大切な工程です。
特に、一番初めに誂える時の採寸はこれからの着物ライフの基準になるものです。
この寸法が大きくずれていると後々苦労する場面に遭遇する確率が高くなります。

着物を始めたばかりの頃は、寸法が自分に合っていなくても分からない方が多くいらっしゃいます。
最初は何が自分に合っているのかすら分からない方が殆どです。
着付けが不自由なくできるようになって、初めて違和感を感じてくるものです。
言い換えると、『いつも一定の着付けが出来るようにならないと本当に着やすい寸法は出てこない』といってもいいでしょう。

出来るだけ遠回りをしないそのお手伝いと、ご提案をさせて頂く事が私の役割だと思っております。

採寸に代価を支払う事に抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんが
建築家がデザイン料、弁護士がご相談料をいただく様にとらえて頂けるとありがたいです。

■採寸料■
・お着物のお仕立てをご希望の方 5000円
 お直しのみ、長襦袢、浴衣、コートのお仕立ての場合は7000円となります。
・採寸のみご希望の方      7000円
 採寸が必要ない方はお手持ちのお着物、又は寸法表をお持ちください。

■ご相談料(お内金)■
・お仕立物1枚につき       2000円
・お直し物1枚につき       1000円
※お仕立て、お直しの内容により金額が変わります。

採寸料とご相談料はお見積り当日にお支払いください。
ご相談料はお仕立て、お直しをご依頼いただいた場合は料金に組み込んでおります。
(お内金としてお預かりいたします。)
ご依頼いただけなかった、もしくはお仕立て出来なかった場合はキャンセル料となりご返金はありません。


只今の納期